爪の乾燥を防ごう

寒くなると肌だけでなく爪も乾燥します。そこで爪の乾燥を防ぐ方法について紹介していきましょう。指先が乾燥してボロボロしていると見た目的にもよくありません。指先は第一印象でもよく見られる部位ですのでしっかりとケアしておきたいですね。いくらファッションやメイクをばっちり決めていてもネイルケアがきちんと行われていないと一気におしゃれ度が落ちてしまいます。

 

ハンドクリームパックで爪の乾燥を防ごう

爪は皮膚の一部ですので冬場はどうしても乾燥しがちです。そこでハンドクリームを使用したパックをすることで乾燥を防ぐことができるでしょう。爪の先までしっかりとハンドクリームを塗りこんで、薄毛のゴム手袋をしてお湯にしばらくつけておきます。温めることでハンドクリームに含まれる保湿成分が肌や爪にしっかりと浸透することができるのです、潤いのあるしっとり肌になれますよ。

 

ネイルオイルで乾燥知らずの爪になろう

ネイルで爪先nおしゃれを楽しむ女性は非常に多いです。しかしネイルを落とす時に使用するリムーバーで、爪の乾燥を加速させてしまうことがあるのです。リムーバーに含まれるアセトンは、爪の表面にある油分を全て拭い取ってしまうのです。ネイルをオフする時にはアセトンを含まないノンアセトンのリムーバーを使用するとよいでしょう。またネイルをオフした後には爪の乾燥を防ぐためネイルオイルを塗るのがおすすめです。ネイルオイルは爪の乾燥を防ぎ、栄養をしっかりと補充してくれるでしょう。

 

爪の乾燥予防には亜鉛の摂取がよい

亜鉛は細胞分裂を促進させて、ターンオーバーサイクルを早める働きがあります。ターンオーバーが遅くなると古い角質が残ってしまい、爪や髪の毛などが乾燥しやすくなってしまいます。そこで亜鉛を積極的に摂取することで新しい爪が生成されやすくなり、乾燥知らずの健康的な爪になるでしょう。亜鉛が多く含まれている食品にはレバー、ロースなどがあります。

 

Posted in ネイル.